お迎えデス(ドラマ)のゆずこ役は誰?子役の名前とプロフィールを紹介!

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

ドラマ「お迎えデス。」(日本テレビ)で、カワイイ死神・ゆずこ役を演じるのは、人気子役「濱田ここね」ちゃん。

2013年公開の映画「おしん」では、主人公・谷村しん役を熱演。

子役とは思えない気迫あふれる演技で、一躍、人気子役の仲間入りを果たしました!

今や、ドラマ・CM・映画とたくさんのメディアで活躍中のここねちゃん、普段はどんな女の子かな?

  • プロフィール
  • ドラマ「お迎えデス。」の役どころ
  • 代表作・映画「おしん」

などなど、見ていきましょう。

「濱田ここね(はまだここね)」ちゃんのプロフィール

生年月日:2004年3月31日(12歳)

出身地:宮崎県宮崎市

身長:140cm

愛称:ここちゃん

家族:両親

事務所:ココジャパン

お仕事以外で、興味のあることは何かな?

好きな食べ物:梅干し・とびっこ・数の子・台湾のカキ氷・綿菓子

特技:歌・ダンス・絵

趣味:料理

好きなアーティスト:EXO・MY NAME

父親の濱田詩朗さんは、宮崎県でタレント活動をされているそうですよ。

お芝居だけでなく、歌もダンスもできるなんて、お父さんの才能を譲り受けてるんですね。

ドラマ「お迎えデス。」の役どころは?

ドラマ「お迎えデス。」は、福士蒼汰さん・土屋太鳳さん主演の、オカルトなラブコメディです。

死神と幽霊が見える大学生二人が、‘亡くなった方の思いを遂げる’という、不思議なアルバイトをする物語。

ここねちゃんは、鈴木亮平さん演じる死神・ナベシマの助手、死神・ゆずこを演じます。

姿は幼女で中身は大人の女性という、難しい役どころ。

ここねちゃんの、大人女子の演技が早く見たい!

原作者の田中メカ先生は、「ここねちゃんのお団子ヘアがカワイイ♡」と、キャラクターもお気に入りのようです。

小さいけど、芸歴10年のベテラン!

ここねちゃんは、3歳でタレント活動を始めました。

物心付いたときから、芸能界で頑張ってきたんですね。

もう、立派なベテラン女優さんです(笑)

有名なCMにも、出演していますよ。

「キシリクリスタル」のCMを見れば、この子だっ!てわかりますね。

センターの三つ編み少女がここねちゃん。

九州のエネルギー企業・(株)エコアのイメージガールも務めています。

飾り気のないここねちゃんの笑顔から、会社のクリーンなイメージが伝わってきますね。

代表作・映画「おしん」の演技がスゴイ

映画「おしん」では、全国から応募した約2500人の中から、主人公に選ばれました。

NHK連続テレビ小説「おしん」は、誰もが知っている大ヒットドラマです。

その映画化ということで、周りからのプレッシャーもすごかったのでは……

でも、その実力と努力が認められ、見事「第37回日本アカデミー賞新人俳優賞」を獲得。

もちろん、彼女の代表作となりました。

感動ですね……(涙)。

ここねちゃんの、さらなる成長に期待しましょう。

濱田ここねちゃんについてもっと知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

ドラマ「お迎えデス。」についての記事はこちらです!

(Visited 6,084 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です