鹿児島県硫黄島の行き方や宿は?観光の評判や口コミも紹介!

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

九州の南部に位置する鹿児島県には、薩南諸島(さつなんしょとう)と呼ばれる小さな離島群があります。

その島の一つが「硫黄島」です。

雄大な硫黄岳は、ゆったりと白煙を噴き、火山の恵みともいえる温泉が数多く湧き出している自然豊かな島。

また、歌舞伎で有名な俊寛像や、景色の美しい恋人岬、野生のクジャクなど、見どころもたくさんありますよ。

美しい海に浮かぶ、観光地としても人気の硫黄島について、詳しく見ていきましょう。

硫黄島へのアクセス方法は?

鹿児島本土の南40㎞の海に浮かぶ、竹島・硫黄島・黒島という三つの島は、三島村という地域に属しています。

観光では、この三つの島をめぐるツアーが人気ですね。

鹿児島港から、定期船フェリー「みしま」が、2~3日おきに就航していますよ。

このフェリーは、鹿児島港~竹島~硫黄島~黒島とめぐり、硫黄島までは、約4時間の船旅になります。

また、鹿児島空港~薩摩硫黄島飛行場を飛ぶセスナ機も、週2往復しており、約50分のフライトで島に到着します。

どの民宿に泊まろうかな?

硫黄島には、現在5つの民宿がありますよ。

1.島宿ほんだ:1泊2食大人6500円~8500円

2.みゆき荘:(料金は予約時に要確認)

3.民宿硫黄島:1泊2食大人6500円~

4.民宿ガジュマル:(料金は予約時に要確認)

5.マリンハウス孔雀の里:1泊3食大人7000円~

それぞれの旅館によって、観光案内、車のレンタル、釣り具の貸し出し、無料Wi-Fiなど、サービスが違っているので、宿泊先を決めるときには、事前に確認することをオススメします。

スポンサードリンク

訪れた人の感想は?

硫黄島って、あの戦争映画の島?と思っている方も多いのでは・・・

実は私も、そちらのイメージが強かったですね。

でも、硫黄島は2つあって、映画の島は東京都の小笠原諸島にあり、鹿児島のとは、別ですね。

移動に使うフェリー「みしま」は、とっても大きくて立派な船です。

中はとっても清潔で、売店もあり快適な空間だそうですよ。

船から見る硫黄島は、緑に覆われた岩肌と山から立ち上る煙が迫力満点で、映画の世界みたいだとか。

恐竜がいそうな感じかな?!

自然の中で癒されたいな♪

硫黄島に行ったら、ぜひお隣の竹島と黒島にも出かけてみましょう。

竹島は、名前通りたくさんの竹(大名竹)に覆われた、平坦な地形の島です。

放牧場が広がっており、黒牛がたくさん見られますよ。

海が美しく、ダイビングスポットにもなっています。

黒島は、三島村で一番大きな島です。

全体に森林が多く、鳥や昆虫などの生き物が多く見られますね。

釣り場としても有名で、釣りマニアがたくさん訪れています。

魅力的な三島村の島々、ぜひ旅してみませんか?

(Visited 2,120 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です