中村恵吾(元ソフトバンク)が戦力外の理由は?出身高校・大学など経歴を紹介!

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

国民的なスポーツ、野球。

年俸何億円、テレビでの放映など、一見華やかに見える野球界ですが、当然その栄光を手にするのは一部の選手だけです。

今回は、一年で戦力外通告を受けてしまった中村選手について詳しく見ていこうと思います!

まずは中村選手の経歴についてざっと調べてみました。

ソフトバンクの期待の選手!?

中村選手は、甲子園の出場経験もなく、独立リーグの富山サンダーバーズというチームで活動していました。

宇部鴻城高校・神奈川大学を経て、サンダーバーズに入団します。

独立リーグといってもプロの球団ですが、世間的にはいわゆるセミプロとしての位置付けとなります。

その後、2014年にソフトバンクホークスから育成選手としてドラフト指名されました。

育成選手というのは、プロの選手ですが、契約としてはいつ戦力外通告を受けてもおかしくない、派遣社員のような契約になります。

後ほどご紹介しますが、中村選手は自ら、「育成選手は派遣社員のようなもの」と言っています。

  

どんな選手?中村恵吾

中村投手は右のサイドスローです。

スプリットやスライダーを武器に打たせて取る投球が持ち味で、富山サンダーバーズでは中継ぎとして活躍しました。

 中村選手の動画です。

独特なフォームですね。
簡単にプロフィールを見てみましょう。

中村恵吾/136/投手

1989年3月23日生  身長182cm  体重78kg  右投 右打

宇部鴻城高 – 神奈川大 – BCリーグ・富山

2014年育成選手ドラフト8位

http://matome.naver.jp/odai/2144369589724207501/2144400823006076303

スポンサードリンク

「育成選手は派遣社員のようなもの」戦力外通告を受けた理由は?

中村選手の発言は一部で話題になりました。

たしかに、育成選手というのはその年活躍できなければ戦力外通告を受けてしまいます。

中村選手も例外ではありませんでした。

何度か試合には出ましたが、プロとしての活躍を見込めず、戦力外通告を受けてしまいました。

つまりクビです。
数多くのプロ野球選手がいるなか、育成選手というのは、練習生的な空気感もあり、プライドが傷つく場面もあると思いますが、そんななかでの戦力外通告は中村選手的にもかなりきついものがあったと思います。 

中村選手の今後が気になる!

中村選手は、トライアウトに参加しました。

トライアウトとは、テストで評価されたら入団できるシステムです。

ですが、中村選手は実力発揮できず、球団からの声はかかりませんでした。

しかし、中村選手は働きながら野球選手を目指しているらしいのです。

小さい頃からの夢を、どんな状況でも目指し続ける姿勢が素晴らしいですね!

今後の活躍に期待です!

(Visited 1,764 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です