デニス・キメットが失速した理由は怪我か体調不良?(福岡国際マラソン2015)

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

福岡国際マラソン2015がいよいよ開幕しましたね!

この大会は、非公式ながら世界中のトップランナーが集まる大会として知られています。

今年2015年も、海外の有名選手を招致していました。

その中でも特に注目されていたのが、ケニアの『デニス・キメット』選手です!

2014年のベルリンマラソンで世界記録を樹立して優勝しています。

そのタイムはなんと『2時間2分57秒』!!

42.195kmですから1kmあたり3分弱ですよ!

3kmメートル走でも無理だ(笑)

もちろん今大会では先頭集団のペースメーカーとしてきたいされていたデニス選手ですが、

スタート直後に先頭集団から外れ、失速してしまいました。

一体なにがあったのでしょうか?

今回はデニス・キメット選手に起こった事を調査していきます。

デニス・キメット

デニス・キメットに何が起こったのか?怪我か体調不良か?

スタート直後、先頭集団から外れてどんどんペースを落としてしまったデニス・キメット選手。

解説の方が言うには、ウォーニングアップの時から身体が重そうな素振りをしていたそうです。

体調不良だったのでしょうか?

ケニアと日本じゃ気候が違いますから、無理もないかもしれません。

<追記>

最初の給水ポイントで立ち止まってしまったそうです。

その際右足の付け根を抑えていたそうなんですが、怪我だったのでしょうか?

スポンサードリンク

リタイアしてしまったそうです。

原因の情報が出るのを待ちましょう。

(Visited 610 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です