和田光司の死因の上咽頭がんの症状って何?いつから病気?デジモンのbetterflyは名曲ですね。

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

歌手の和田光司さんが亡くなられたそうです…。
私はいわゆるデジモン世代で、特に初代のデジモンアドベンチャーにはどハマりしていました。

そのオープニングテーマ「butter fly」は今でもカラオケで歌うほどです。
享年42歳。

あまりにも早すぎます。
死因は上咽頭がんと発表されていますが、一体どんなガンなのでしょう?

またいつから病に冒されていたのでしょう?

疑問は尽きません。

今回はそれらについて解説をしていきます。

和田光司さんのプロフィールについて

さて、知らない方のためにまずは和田光司さんのプロフィールを紹介していきます。

 
名前:和田光司

生年月日:1974年1月29日

職業:歌手

出身:京都府

血液型:B型

歌手活動のほとんどがアニソンです。

デビューもデジモンアドベンチャーのButterflyでした。

そこから、

デジモンアドベンチャー02

デジモンテイマーズ

デジモンフロンティア

と、四作品連続で主題歌を担当しました。

ザ・デジモン歌手と言っても過言ではないでしょうね。
その後、病気のこともあって

活動休止と復帰を二回繰り返します。

一回目に復帰した際には

デジモンセイバーズ

デジモンクロスフォーズ

の主題歌や挿入歌をリリースしていました。
かならずデジモンに帰ってきたところを見ると、愛を感じます。

いつから病気を患っていたの?

上記で休止と復帰を繰り返したと書きましたが

原因は今回の死因と同じ、上咽頭がんでした。
一度目の休止の際(2003年)、5年後生存率は40%と宣告されていたそうです。

こんなこと言われたら辛いに決まってます、、、

がんの治療の性質上、一度は声を失ったこともあったそうです。
それでも復帰してライブとかしていたんですから、ものすごい執念ですよね。
二回目の復帰の時

不死蝶のアニソンシンガー

という異名が付きました。

スポンサードリンク

上咽頭がんってどんな病気?

さて上咽頭がんについてです。

じょういんとうガンと読みます。

上咽頭というのは、鼻腔のつきあたりで、口を開けた時に見える口蓋垂(のどちんこ)、および扁桃の上のあたりを指します。

いわゆる喉の入り口ですね。
上咽頭がんというのは、そのあたりにできる悪性腫瘍のことです。

上咽頭がんの症状

主に症状が現れるのは、鼻、耳、脳だそうです。

鼻血が頻繁に出るようになったり、耳が聞こえにくくなったり、ものが二重に見えるようになったりするそうです。
そんな症状を抱えながら活動していた和田さん。

アニソンへの情熱がハンパじゃないですね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

(Visited 839 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です