カフェオレとカフェラテ・カプチーノの違いって何?製法や分量を調査!

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

スタバ・タリーズ・ドトールなど、コーヒー店の人気は衰えませんね。

コメダ・上島・珈琲館などは、年配の方たちにも支持されています。

最近では、コンビニでも挽きたてのコーヒーが買えるし、缶コーヒーのCMが流れない日はない……

今やコーヒーは、私たちの生活の一部になった?!

そこで、人気の「カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ」の違いについて、わかりやすくご説明したいと思います。

コーヒーを知れば、自分にぴったりの一杯が見つかりますよ。

ミルクたっぷり♡カフェオレ

カフェオレと聞くと、ミルクたっぷりのコーヒーというイメージですね。

その通りですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

カフェオレに使うコーヒー豆は、浅煎り焙煎のものです。

浅煎り豆は、酸味が多く苦みが少ないのが特徴。

日本の一般的なコーヒーショップのように、ドリップ式でコーヒーを抽出します。

このドリップコーヒーとミルクで作るのが、「カフェオレ」です。

分量は、コーヒー:鍋で温めたミルクが1:1。

これは、フランス式とも呼ばれます。

深い味わい・カフェラテ

カフェラテも、カフェオレと同じように、ミルクが入ったコーヒーですね。

ただ、コーヒーの種類が違うんです。

カフェラテに使うコーヒー豆は、深煎り焙煎したもの。

深煎り豆は、酸味が少なく苦みが多いのが特徴。

そして、短時間で高い圧力をかける、エスプレッソ式で抽出します。

このエスプレッソコーヒーとミルクで作るのが「カフェラテ」です。

分量は、コーヒー:蒸気で温めたミルクが1:4。

カフェラテは、イタリア式のコーヒーです。

スポンサードリンク

ふわふわミルクが嬉しい♪カプチーノ

カプチーノは、ふわふわしたミルクが、ちょっぴり贅沢な気分にしてくれますね。

カプチーノに使うコーヒーは、カフェラテと同じエスプレッソです。

エスプレッソコーヒーに蒸気で温めたミルク、さらに蒸気で泡立てたミルクを乗せたのが、「カプチーノ」です。

分量は、コーヒー:スチームミルク:フォームミルクが1:1:1。

これも、イタリア式コーヒーですね。

ちなみに、エスプレッソに、泡立てたミルクを少量入れると「カフェマキアート」。

本場イタリアのエスプレッソ

エスプレッソは濃くて苦いので、カフェインも多いと思いきや…

実は少ないんですよ!

豆を長く焙煎するのでカフェインは揮発し、抽出時間も短いので溶け出しにくいそうです。

カフェインが苦手な人も、美味しく飲めますね。

本場イタリアでは、小さなエスプレッソのカップをつまんで、立ち飲みするのが定番の飲み方。

タバコを一服するように、コーヒーをキュッと飲み、すぐお店を後にするのがかっこいい。

イタリアンスタイル、いつかマネしてみたいなぁ。

(Visited 448 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です