山口悠介(生玉ねぎ早食い世界チャンピオン)がすごい!早食い動画を紹介!

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

「もう夏なのか・・・?」というくらい暑い日もある今日この頃ですが、

みなさんの食卓には新玉(ねぎ)が並んでいませんか?

この時期の新玉は本当に辛味も少なく美味しいですよね〜。

血液もサラッサラ!になると言われる玉ねぎレシピの検索をかけていたら

何やら面白い記事を発見!

今回ご紹介するのは、「山口悠介さん(生玉ねぎ早食い世界チャンピオン)がすごい!」

という話題についてなんですが、なんとこの山口悠介さんは玉ねぎの早食いタイムでは

ギネス世界記録保持者なんだとか!

でも、丸かじりですからね・・・・・??

生の玉ねぎを丸かじりしながらの様子ってどんな感じなの?面白そう!!

ということで今回は、

・山口悠介(生玉ねぎ早食い世界チャンピオン)ってどんな人?

・玉ねぎ早食い大会ってどんな試合なの?

・気になる早食い動画をご紹介!

したいと思いますが、くれぐれも真似をしてお腹をこわさないでくださいね?!

山口悠介(生玉ねぎ早食い世界チャンピオン)ってどんな人?

名前:山口 悠介(やまぐち ゆうすけ)

年齢:30歳

出身地:兵庫県洲本市

職業:酒店(スモトリカー)店長

SSI認定 きき酒師&焼酎アドバイザー

「食べておいしいもの!選んでいいもの!こだわりのものを売っています!

なんでも聞いてください。よろしくお願いします。」と山口店長!

地元の情報サイトにて「スモトリカー」についてが紹介されています。

情報元はコチラ→http://store.shopping.yahoo.co.jp/awaji-gourmet/tenpo-syoukai.html

特技:タマネギの早食い

「玉ねぎの早食いが得意です」と地元の取材でも語られていました!

記録:ギネス世界記録でのタイムは29秒56

スポンサードリンク

玉ねぎ早食い大会ってどんな試合なの?

まず2014年の大晦日の深夜に兵庫県洲本市、「コモード56商店街」で開催された

大会の様子をもとに説明したいと思います。

この大会では、淡路島特産の玉ねぎを使い、いかに早く食べられるかを競い合うというもの。

もちろん、皮は剥いてありますが大きさは210グラム以上ある生の玉ねぎを使用します!

結構、大きいと思いますよ?

この大会が開催されたのが真冬なので、玉ねぎの辛味も結構あるんじゃないかと心配ですが、

食べている間に水は飲んでもOKなようです。

この大会には、王者山口悠介さん以外にタレントさんも参加されていて、お笑いトリオの

安田大サーカスの安田裕己さんを含め数人が参加されていたようです。

開始の合図とともに王者山口悠介さんは、右手に素早く玉ねぎを掴みました!

クルンと丸いタマネギをうっかり落とすと時間のロスに繋がりますからね?(笑)

ここは、しっかり掴みたいところ!すかさず玉ねぎにかぶりつき、

時折水を飲みながらも王者山口悠介さんは一気に食べきりました!!

さあ、気になるこの時のタイムがギネス世界記録を打ち出した時と全くの同タイム

「29秒56」ということで100分の1秒まで前回と同様だったことがわかり、

会場からもどよめきが起こったのだとか。

記録更新とまではいかなかったものの、天晴れです!

「前回以上のタイムを狙っていたんですが・・・次回こそは!」と少し残念そうに語る王者。

山口悠介さん曰く、「玉ねぎ早食いのコツ」は、

・食べる時に口にどれだけ入れるのか?

・どの部分から食べるのか?

だそうです。

「よし!玉ねぎの早食いでギネス世界記録保持者になってやる!」と今から考えている人は

このポイントをしっかり攻略してほしと思います。(いるのかな・・・)

想像しただけでも涙が出てきそうな生の玉ねぎ丸かじり大会ですが、

王者山口悠介さん以外は全員敗退という過酷な大会です・・・。

参加された方の感想を読んだのですが

「食べていると、とにかく水が欲しくてたまらない」

「どうしてあの速さで食べられるのかがわからない」

と驚きを隠せない様子でした。

さらに翌年2015年には、自身の記録更新に挑戦し「28秒40」を記録した山口悠介さん!

快進撃は止まりませんね?!

気になる早食い動画をご紹介!

山口悠介さんの得意技は「回しながら食べる拝み食い!」を

ぜひご覧くださいませ!

↑朝日新聞社さんがユーチューブにアップしてくださった動画をお借りしました!

こちらが先ほどご紹介した2014年の大晦日の深夜に兵庫県洲本市、

「コモード56商店街」で開催された大会の様子です。

動画の28秒あたりで王者山口悠介さんの早食いの様子が観られます!

会場からのどよめきがすごい!

声援も「頑張れ〜、すごい!!」と大人に混じった子供達の声も聞こえてきます!

↑こちらは2011年過去の玉ねぎ早食い大会の様子なのですが、

この大会では山口悠介さんは「43秒」を記録しています。

チャンピオンは「41秒」。

当時、玉ねぎ早食いギネス記録は別の方が保持してらっしゃいました。

この大会での山口悠介さんの食べ方は司会者の方からも

「可愛らしい食べ方で、小動物が食べているよう」と実況されています。

しかし、この大会で自己記録を10秒近く縮めた山口悠介さん!

2011年からわずか数年で王者になった山口悠介さんは、

いったいどんなトレーニングをしたのでしょうか?!

まとめ

この記事をまとめての私の感想ですが「辛そうだな〜」と・・・。

玉ねぎは大好きなんですが、「なんで早食いが生の玉ねぎなの?!」と・・・。

「早食いするなら違うものでやろ〜よ〜!」

と動画を見ながら独り言をブツブツ。

でも凄い!世界一って誰もが手に入れられる称号ではないから本当に凄い!

頑張れ!山口悠介さん!

今後もその称号を死守してくださいね!

(Visited 733 times, 4 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です