丹羽孝希の出身高校と大学は?スポンサー契約で年収はいくら?彼女も気になる!

知っ得Infoをシェアしてね!

スポンサードリンク

17歳では20年ぶりに

卓球で高校生オリンピック選手、しかも銅メダリストとなった

丹羽孝希(にわ こうき)選手。

現在の活躍など調べてみました!

出身高校&大学など学校は?

1994年10月10日生まれの現在21歳。

お父様が卓球選手だった影響で7歳から卓球を始めました。
高校は青森山田高校です。

現在は明治大学に在学中です。

彼女の情報は調べても出てきませんでした。(笑)

卓球の戦歴は?

過去の大会の戦歴を調べてみましたが

ものすごい数の大会で結果を残しています。

準優勝・3位などをのぞいて

「優勝」のものだけを書きだしてみましたが、

それでも、すごい数の優勝ですね…!

  • 2006年 北海道卓球選手権大会 ホープスの部:優勝
  • 全日本卓球選手権大会 ホープスの部:優勝
  • 2007年全国中学校卓球大会:団体優勝(青森山田中)
  • 全日本卓球選手権大会 カデットの部:ダブルス優勝
  • 2008年 全国中学校卓球大会:シングルス優勝、団体優勝(青森山田中)
  • 全日本卓球選手権大会 カデットの部:14歳以下シングルス優勝
  • 全日本卓球選手権大会 カデットの部:ダブルス優勝
  • ITTFジュニアサーキットファイナル:ジュニア男子シングルス優勝
  • 2009年 第61回東京選手権大会:男子シングルス優勝
  • ITTFカデットチャレンジファイナル:カデット団体優勝、
  • カデットダブルス優勝
  • 第64回国民体育大会:少年男子優勝
  • 2010年 全日本卓球選手権大会:ジュニア男子優勝
  • アジアジュニア卓球選手権:ジュニアダブルス優勝
  • ITTFプロツアージャパンオープン:ダブルス優勝
  • インターハイ:学校対抗優勝、シングルス優勝、
  • 第1回ユース五輪夏季大会:男子シングルス優勝、混合団体優勝)
  • ITTFプロツアーハンガリーオープン:ダブルス優勝、U21優勝
  • 第8回世界ジュニア選手権大会:男子ダブルス優勝
  • 2011年 全日本卓球選手権大会:ジュニア男子優勝(2連覇)、ダブルス優勝
  • ITTFプロツアードイツオープン:U21優勝
  • アジア卓球選手権大会代表選手選考会(全勝)優勝
  • ITTFプロツアー韓国オープン:U21優勝、
  • インターハイ:学校対抗優勝、シングルス優勝(2連覇)、
  • 国民体育大会:少年男子優勝=青森県
  • 世界ジュニア選手権大会:シングルス優勝
  • 2012年 世界選手権ドルトムント大会(団体戦)男子日本代表選考会:(全勝)優勝
  • 全日本卓球選手権大会:ジュニア男子優勝(3連覇)
  • 国民体育大会:少年男子優勝
  • ITTFワールドツアーポーランドオープン:ダブルス優勝
  • 2013年 全日本卓球選手権大会:シングルス優勝、ダブルス優勝
  • 第80回全日本大学総合選手権 優勝
  • 2014年ITTFワールドツアーロシアオープン:男子シングルス優勝
  • 2015年 ジャパントップ12卓球大会:初優勝

スポンサードリンク

中でも、2013年の「全日本大学総合選手権」では

女子シングルで、お姉さんの美里さんが優勝されました。

これによって、姉弟の2人同時優勝、というのが印象に残っているという方も

多いのではないでしょうか。

もちろん、これは史上初の快挙とのことです。

姉弟そろっての日本一ですから

きっと、ご家族そろって盛大にお祝いをされたのでしょうね。

気になる今後の活躍と契約は?

2016年に、株式会社スヴェンソンと

ヤマト卓球のVICTAS(ビクタス)と契約をされています。

これにより、丹羽孝希選手はスヴェンソンのロゴと

ヤマト卓球の卓球用具ブランド「VICTAS」のロゴつきユニフォームを着用します。

また

VICTASとは5年間のアドバイザリー契約と

用具スポンサーとして、「VICTAS」のラケット、ラバーなどの卓球の道具の

全面的なバックアップをすることになっています。

これについて、インタビューでは

『ずっとメーカーのトップランナーとしてプレーしたいと思っていたので

VICTASを選びました。

私が試合で大切にしているサービスの切れ味やカウンターの安定感、威力など

VICTASをはじめて使用した際に試合でも不安なく使用できると思いました。

五輪では何としても結果を残したい』

とコメントしています。

気になる年収については…

インターネットでは、なかなかそのへんの情報を見つけるのは難しいですね。

何度も話題にはなっているようです。

ただ、「1200万円をめざせ!」と書かれていたので

そうとうもらっているようです。

これから、またリオデジャネイロオリンピックでも活躍されることが決定していますし

その後のオリンピックでも活躍されることでしょう。

イケメン卓球選手、丹羽考希選手に期待です!

(Visited 3,905 times, 2 visits today)
スポンサードリンク

スポンサードリンク

知っ得Infoをシェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です